3110 音頭(さいとーおんど)



第90弾☆ カネコアヤノ

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を
"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


最新アルバム「hug」をリリース、7月には2度目の来札も控えているシンガーソングライターのカネコアヤノに話を聞いた。
インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA


・まずは現在の活動状況を教えてください
「これまで所属していた事務所を離れて、今はライブのブッキングなど、ほぼ自分でやっています。少し大変ですが、やりがいがあり楽しいです。」

・CDはすべてハンドメイドなんですよね
「そうなんです。ジャケットも自分で布を縫ったりシルクスリーンで印刷したり、1枚1枚完全に手作りでやっています。やっぱり、自分が欲しいものを作らなきゃと思い、ジャケットデザインなどは好きなイラストレーターさんに声をかけたり、歌詞カードの仕様など、とてもこだわりました。ツアーグッズもそうなんですが、自分で身に着けられないような物は作りたくないと思い、可愛く仕上げました。」

・やはり自分すべてをやるようになって変わりました?
「自分の作品が他の人へと届く実感があるんですよ。イブ会場で良い演奏をしたら、それだけCDも買ってもらえる気がします。それまでは自主制作盤を作ったこともほぼないし、自分のCDがお店に並んでいる事は知っていても、なんだか発売されている実感があまりなかったんです。でも、こうやって手作りの物を会場で買ってもらうと、人の手に届いている実感がとてもあります。人の温もりを感じます。私の音楽を聴いてもらえて、こんなに嬉しいと、素直に感じているのは本当に初めてです。良い演奏をしたら、と私が言えること自体ありえなかったことなので、ライブパフォーマンスや、気持ちの持ち方が変わってきたのかもしれないです」

・カネコさんはどういうきっかけで歌を始めたんですか
「もともとは王道のバンド物とかが大好きだったんです。で、高校の頃に友達をきっかけにライブハウスに通うようになって、インディーズ音楽がとても好きになりました。でもバンドを組もうとか歌おうなんて考えてなかったんですが、曲だけはこっそり書いていたんです。そんな中、周囲にいた人が私が曲を書いている事を聞きつけて『聞かせてよ、いいじゃん』みたいな感じで言ってくれて、それが人前で歌い始めるきっかけですね」

・さて、7月には札幌でライブが控えていますが
「前にお邪魔した時、初めて行った場所なのにみんなが本当に親切にしてくれて嬉しかったです。いろんな所に連れていってくれたり、美味しい店を教えてくれたりと本当にひとりぼっちにしておかないんですよ。みんな優しいんですよね」

・今回はカフェでの弾き語りですね
「はい。共演の方々も知っている人ばかりで楽しいです。タカハシヒョウリさんとは、昔から似てる似てると言われていて。でも、2人並んでみると全然似てないんですよね(笑)。お互い顔をあわせるといつも「似てないね、分からないね」ってなります」

・前回の札幌、食事も美味しかったですか
「はい。何を食べても美味しかったです。私、気付いたんですが。札幌の人たちっていつも美味しいものをしっかり食べているから遺伝子的に優しいのかなと。人間の細胞って摂取するのもので入れ替わるっていうじゃないですか。ずっと美味しいものを食べているので、体の中身もみんな素敵なんだなと思うんです。そんな優しい札幌の人たちに早く会いたいです!」。



カネコアヤノ
シンガーソングライター。
ミニアルバム1枚、フルルバム2枚をリリース。
弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。
音楽活動にとどまらず、舞台、映画、モデルなど多方面で活動。
2016年4月には初の弾き語りアルバム『hug』を自主制作でリリース。


2016/07/09(土) @札幌 キノカフェ(札幌市中央区南3条西6丁目3-2 南3条グランドビル2F)
カネコアヤノ弾き語りツアー2016『hug』札幌公演
『Right Here, Right Now 9』

18:45 OPEN/19:00 START
出演:カネコアヤノ、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、森脩平(本棚のモヨコ)、サトウアミ
※弾き語りでの出演です
adv ¥2000/door ¥2500(+1drink¥500)
お問い合わせ:キノカフェTEL 011-231-9775




弾き語りアルバム『hug』
1.春
2.グレープフルーツ
3.てんごく
4.キスをしよう
5.あの窓にさようなら
¥1200(税込)

2016-07-08 14:00 kobore 3110 permalink