3110 音頭(さいとーおんど)



第79弾☆ THEラブ人間

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を
"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


3月に初の札幌ワンマンライブを終えたTHEラブ人間を代表して金田康平とツネ・モリサワに話を聞いた。
インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA


・3月の札幌ワンマンどんな感じでした
金田「お客さんからの声援も大きくて、集まった人たちの熱量が物凄いライブでした。集まった人数よりもかなり大きい声援が聞こえてきて、とても嬉しかったです。今回のワンマンツアーは色々反省点がある場所もあったんですが、札幌に関してはメンバー全員一致で満足しています」
ツネ「本当に札幌という場所に自分たちは良くしてもらっていています。メンバーそれぞれが、札幌に行ったら遊びに行く場所や会いに行く人がいるぐらいです。最初にお邪魔した頃から変わらずにず
っと支えてくれている人、応援してくれている人がいるのは嬉しいです」
金田「あとは、もっとこの人数を増やしていって、前のお客さんが『俺たち、ずっとラブ人間を応援していたんだぜ』と誇らしい気持ちになってくれればいいと思っています。それが昔から応援してくれた人へ報いるという事だと思います」

・金田さんといえばカレー好きで有名ですが、今回は新規開拓がありましたか
金田「こうひぃはうすに行ってきました。お店の感じもとても良くてスープカレーが美味しかったです。お店に行く時に、初めて市電に乗ったんですが、今までは見る事のできなかった普通の人たちの普通の暮らしに出合えました。自分が知っている観光地とかライブハウスの周辺とは違った札幌を知る事ができました。また市電には乗ってみたいですね」

・レコードの方の収穫はありました?
金田「結構ありましたね。札幌のレコ屋って、もう自分たちの価値観がしっかりしていて、東京で人気があるような物でも自分たちにとってそれほどの価値がないのならば無闇に高額な値段をつけない、そんな感じなんですよ。ある意味で、それは札幌出身のバンドにも言える事なのかもしれませんね。自分の価値観がしっかりしてるんですよ」
ツネ「そうだね。イースタンからブッチャーズ、怒髪天から最近ではボイガルとかも。でも、まだ出合った事ない凄いバンドとかいそうだもんね」

・さて、次の札幌ライブも5月に控えています
ツネ「こんなに早く札幌に来れて嬉しいです」
金田「前回はワンマンでしたが、ワンマンにはワンマン、対バンには対バンの見せ方いうのがあるので、同じ曲でもかなり雰囲気は変わると思います。ライブ自体、同じものはないわけですし」
ツネ「対バンはCell The Rough Butch。初遭遇ですね。楽しみです」
金田「ボイガルのシンゴが良いバンドと言っていたから、凄く期待しています。是非、今回も観に来てほしいです!」。



THEラブ人間 
(L to R)
ツネ・モリサワ(キーボード)
坂本遥(ギター)
金田康平(歌手)
さとうまりな(ベース)
服部ケンジ(ドラムス)
谷崎航大(バイオリン)

2009年1月、東京世田谷下北沢にて結成された恋愛至上主義音楽集団。

あらゆる街でありえない演奏をしながら、ありえないレコードを録音し発表し続けている。

2010年9月にはライブハウス多会場往来自由パーティー『下北沢にて』をオーガナイズし始め、現在までに規模を拡大しながら、毎年時期を問わず開催されている。

2014年。
結成5周年を迎えると共に、新体制メンバーとなり6人になって初めてのシングルをリリース!

2015年
ミニアルバム2枚をリリース!もの凄いスピードで音源を制作している!

10年後も、50年後も、世紀が変わっても、あなたの枕元から流れている音楽でありますように。



2016年5月12日(木) @札幌 COLONY
THEラブ人間リリースツアー2016「みんなでメケメケ」
出演 : THEラブ人間 / Cell The Rough Butch / and more
OPEN 18:30 / START 19:00 前売¥2,500+D /当日¥3,000+D
プレイガイドチケット
◼︎ローソンチケット : Lコード(11542)
◼︎ぴあ : Pコード (297-045)
問)マウントアライブ tel.011-623-6555



3rdアルバム「メケメケ」
1.コント
2.クリームソーダ
3.GOOD BYE CITY
4.じゅんあい
5.こいのおわり duet by 柴田ゆう (sympathy)
6.ハレルヤ track make by まつきあゆむ
7.幸せのゴミ箱
8.気分を出してもう一度
9.FUSHIGI DANCE
10.花嫁の翼
2016.2.3 Release
喫茶恋愛至上主義
LOVE-1005

2016-05-08 12:00 kobore 3110 permalink