3110 音頭(さいとーおんど)



第61弾☆ 僕のレテパシーズ

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を
"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


12月に札幌ライブを行う僕のレテパシーズの鈴木亜沙美に話を聞いた。
インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA


・まず、ニューアルバムの話から。もう録音は終わっているんですよね
「はい。6月にアルバムを1枚出して8月にはニューアルバムの製作に入り、2016年初頭くらいの発売を目指して一応マスタリングまで済ませたんですが、10月にベース(寺中四)が脱退することになったので、発売については一旦白紙に戻しました。今後のバンドの状況を見ながら、この音源のまま出すのか、再録するのか等、バンドにとって最も自然な形での作品発表になるよう考えていきたいと思います」

・ジャケットとかタイトルももう決まっているのでしょうか
「実は今後僕のレテパシーズとして発表するものについては、6枚目(今年6月発売の『僕を殺せるのは僕だけさ』を1枚目として)まで既にボーカルの古宮大志が立てた構想があって。だから収録予定曲もタイトルもほぼ決まっていると言えば決まっているんですが、新曲が入ってくることも考えられるし、発売の段に至ってそれで本当にゴーするかどうかはもう一度メンバー全員で審議すると思うので、まだ決まっていないです。ジャケットは、ギターのはなえもんが画才豊かなので彼女の絵がいいかなという話は出ましたが、それもやはりまだ決めていないです」

・そのアルバムはサードではなくてセカンドアルバムなんですよね
「はい。僕のレテパシーズで2013年に『ぴりぴりのファースト』というアルバムを出してはいるんですが、その後間もなく解散にも近いような形でメンバーが変わり、『ぴりぴりのファースト』も廃盤にしたので、今年6月発売のアルバムをファーストと数えて、次に出すものはセカンドになります」

・脱退したベースを別の人で録音し直しなど考えているのでしょうか
「そうですね、まだ新しいベーシストが決まっているわけではないのでハッキリとしたヴィジョンは描けませんが、バンドの性格上、新しいベースが入ったら録音し直す方が自然な気はしています」

・今回のヘルプベーシストを選んだ基準について教えてください
「ヘルプとしてキャイ君(みずすまし)にお願いした理由はシンプルでした。彼が、レテパシーズのライブを涙しながら観てくれる人間で、かつベーシストだから…という(笑)。古宮とキャイ君の音楽的ルーツも被るところがあるようだし」

・今回、鈴木さんはレテパシーズとして初めての札幌ですが、どんなライブにしたいかと思っていますか
「初の札幌な上、今回は場所も161倉庫…ここは古宮とわたしが初めて出会った場所で。そう考えると個人的にはいろいろ胸にこみ上げる思いもあります。でも、東京で結成されたバンドがわたしの敬愛する札幌で初めて音を鳴らす。今回はそこに終始して挑戦したいと思います。厳しい目で見てもらえることを望んでもいます」

・そういえば、ギタリストのはなえもんさんは物凄く独自な雰囲気を持った方ですが、どんな方でしょうか
「はなえもんはとても繊細で真面目で、理不尽を許せないから人一倍傷つきやすい人です。コンプレックスもたくさん抱えている。まるで思春期真っ只中の少女みたいなんだけれど、凄く大人な部分もあって。魅力的な人ですよ。彼女の衝動的なギターは、彼女が世界を相手にして「どうだ!」と見せつけるようなものではなくて、いつでも、やっとのことで世界と対峙して弾いている命懸けのギターなんです」

・鈴木さんは札幌から上京して、東京で暮らしているわけですが、東京と札幌のライブハウスシーンの違いなど感じますか
「うーん…。東京でも札幌でも、良いものは良いしつまらないものはつまらない。それは同じじゃないかな?と。ただ、単純に都市としての人口の違いは感じます。その分、1シーンにおける人口も違うから、東京の方が札幌より「シーンっぽく見える」ってのはあるんじゃないでしょうか。あとは、シーンを文化的に支えるスピリットが金欠に負けずブレずにいられるかどうか、かな」

・Addictionでもボーカルナンバーがあったり、弾き語りなどもやっていましたが、最近は歌ってみようと思う事はないのでしょうか
「常時では無いけれど、自分の歌を歌いたいと思うことはあります。それが常時になってきたら何かしらやると思いますので、その時はよろしくお願いします(笑)。たぶん、北の匂いや風景のことばかり歌いそうだけれど。全然抜けませんね、道民っぷりが(笑)」

・2015年はどんな年でしたでしょうか。そして2016年は
「2015年は、自分達ができることとできないことを思い知った、って感じです。良くも悪くも。だから2016年は、自分達にしかできないことを思いきりやれたらいいな」。



僕のレテパシーズ
古宮大志(ボーカル)
はなえもん(ギター)
ユキコトーキョー(キーボード)
鈴木亜沙美(ドラム)

17才からソロで歌っていた古宮大志(フルミヤヒロシ)が中心となり、2010年夏「僕のレテパシーズ」結成
2012年3月、ライブアルバム「LIVE AT MOTION」をタワーレコード限定発売(1000枚ソールドアウト)
2013年11月、1stアルバム「ぴりぴりのファースト」発売
(旧メンバーとの録音の為、現在廃盤。若干数残り在庫を当サイトにて販売中。いつか現メンバーで再録したいな。)
4年間で幾度かのメンバーチェンジを経て、、、
2014年9月、古宮大志、はなえもん、寺中四、ユキコトーキョー、鈴木亜沙美が集まる
で!ここからスタート!
10月10日新宿JAMにて初ライブ
12月2日新宿Marbleにて新体制初企画「ハローレテパシー応答せよコンクール」を開催、チケットソールドアウト
12月より1stアルバム「僕を殺せるのは僕だけさ」のレコーディングスタート
2015年6月3日1stアルバム「僕を殺せるのは僕だけさ」発売!
6月28日「僕を殺せるのは僕だけさ」レコ発ワンマン開催!メンバーと客で何か見たね見えたね、また見たい
10月8日「新生僕のレテパシーズ結成1周年記念ワンマン」開催!
で、その後ベース寺中四脱退
現在、僕のレテパシーズではベーシストを募集中!
何もかも絶望して君が降りたバスは 何もかも絶望したまま変わらず行くのだ
ゴーゴー!



2015年12月7日(月) @札幌 161倉庫
「夢中兄弟~161倉庫編」
開場18:00/開演18:30 前売2000円
出演:
僕のレテパシーズ
ハウアユース
奥山漂流歌劇団
にたないけん
THE安全ピン
ポリスターズ
THE BOINBOINS
※出演は5番目、21:10~。


2015年12月8日(火) @札幌 LOG
「夢中兄弟~札幌LOG編」
開場18:30/開演19:00 前売1500円(1D別)
出演:
古宮大志
にたないけん
奥山京
ヤハタトシキ
長津宏文
ヌルマユ



ファーストアルバム『僕を殺せるのは僕だけさ』
01.17
02.ロックンロールじゃ踊れない
03.ロマンチック
04.プレスカブのスピードで
05.精神障害者は天使 ちほう老人は神様
06.君とスピッツ
07.君しかいない
08.やさしい人
09.海へ行こうよ
10.愛は風景

2015.06.03 Release
YORU-001/夜に名前を
¥2,000

2015-12-01 00:00 kobore 3110 permalink