3110 音頭(さいとーおんど)



第60弾☆ 本棚のモヨコ

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を
"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


今年の春に活動拠点を札幌から東京に移した本棚のモヨコの森脩平に話を聞いた。
インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA

 
・まず、東京での生活はどうですか?
「本当に楽しいですね。なんか余計な干渉がなくなった感じで自由になったような気がします。あと毎日のように面白いライブやイベントがあるじゃないですか。その中で選ばれて足を運んでもらうっていうのは、本当に凄い事なんだなと改めて実感しています。東京っていうのは競争相手が多いんですよね」

・上京してすぐにメンバーチェンジがありましたが
「去るものは追わずという感じで、僕の中では切り替えは早かったですね。ちょうど、くまがいめいちゃん(チカチイロ)も上京していたんで、ライブも今回のレコーディングも参加してくれましたし。安田くん(ロマンチック☆安田/爆弾ジョニー)もアレンジで参加してくれました。安田くんなんて、もう完全にプロの仕事をやってくれたという感じで、メンバーだけでやってきた僕たちに新しい物を入れてくれましたね。東京の方がこういう感じで、他のミュージシャンとの繋がりが強い感じがします」

・ジャケットはどういう感じで決まったのですか、これも今までとは違う感じですね
「作ってくれた方も東京に出てきてから知り合った人で、作品の構想とかを話したら、『こんな感じかなぁ』と案を出してきてくれて、それが自分の考えていた『GALLERY』の世界と一致していました」

・どんどん新曲も出来ていますか
「出来ていますね」

・札幌にいる時とソングライティングは変わったりしています?
「自分では変わっていないと思いますね。住むところにそんなに影響はされていないと思います。札幌にいる時と同じペースでできていますし。ただ、以前に比べて曲をみんなに聴かせてから、それがバンドとして形になるのは随分早くなったような気がします」

・さて、12月には札幌で新体制初のライブが
「そうですね。東京の挫・人間と2マンになります。なかなか面白い組み合わせじゃないかと。今回の2マン、札幌以外は北海道のバンドと2マンで、札幌では東京のバンドと一緒という形になります」

・来年の本棚のモヨコは
「早く次の作品を出したいですね!」。



本棚のモヨコ
森脩平(Vo&Gt)
今野裕太郎(Gt&Cho)
西原宗詩郎(Ba&Cho)
星野未緒(Dr&Cho)
2010年、札幌にて結成。東京へ拠点を移しメンバーチェンジを経て現在の体制になる。
森の書く”キラキラとドロドロ”を詰め込んだ楽曲、4人の親しみやすいキャラクターが合わさり独自の世界観を作り出している。
2013年4月に1st Mini Album『夢の続きをもう一度』、同年11月に2nd Mini Album『安心のテーマ』をリリース。
2014年11月に1st Full Album『TOMORROW NEVER KNOWS』をリリース。




2015年12月19日(土) @札幌 COLONY
本棚のモヨコTOUR2015冬『とっても!大団円ツアー 札幌編』
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:本棚のモヨコ / 挫・人間
チケット:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 (+1Drink)
ローソンチケット (14011) / チケットぴあ (278-569) / イープラス
お問い合わせ:マウントアライブ 011-211-5600



3rd Mini Album『GALLERY』
・ハッピーエンドの大団円
・目の色塗り
・世界の絵画
・ねこにとらうま
・ドアーズ
・GALLERY
2015.10.07/DQC-1502
6曲入り/¥1,728(Tax In)
hondana necords

2015-11-22 00:00 kobore 3110 permalink