3110 音頭(さいとーおんど)



第39弾☆ cinema staff

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を
"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


4月22日にニューアルバム「blueprint」をリリースしたcinema staff。
5月には札幌でのワンマンライブを控えている彼ら。辻友貴に話を聞いた。

インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA

・まずアルバムのタイトルについて
「文字通り青写真という意味です。あとUSインディーズ好きな人たちにはFUGAZIの事が浮かぶと思うんです」

・それも狙い?
「たまたまなんですが。やはりFUGAZIは好きなので、結びつけて捕らえもらうのは光栄ですね」

・確かに、シネマもFUGAZIも両方知らなかったら結び付けたりはしないですもんね。そういえば、渋谷の残響SHOPってクローズしちゃったんですよね
「そうなんです。残念ながら」

・でも、新しくレコード店を始めたいという気持ちはあるんですよね
「そうなんです。まだ物件を捜している段階なんですが。都内でやろうと思っています。自分の中ではなんか頑固そうな店長がいて、アナログとかがたくさん並んでいてというのが本来のレコ屋のイメージなんですが。そうなっちゃうと間口が狭くなっちゃうので。あんまり大きい音を使わないインストアができるような場所になると良いなと思っています」

・昔、下北沢にハイラインレコードってあったじゃないですか
「ありましたね。僕も行った事あります」

・修学旅行とか受験とかで上京して来たロックファンがワクワクしながら買いに行くって雰囲気もありましたね、あそこ
「そうですね。cinema staffの客層からすると、そういう雰囲気が良いのかもしれないですね」

・そして、辻さんは三島さんとpeelingwardsというバンドもやっていますが
「こっちは完全に自分たちでブッキングなど全てをやっています。まさに本当にインディーズです。cinemaとは違うんですが、自分の中ではこっちも大事にしたいですね」

・さて、辻さんといえば札幌・北海道のロックが大好きとの事ですが。一緒にやった中で印象深いバンドっています?
「僕たちが最初に札幌で共演した地元のバンドってspirit pageとNAKEDだったんですよ。確かハコはmoleだったと思います。最初にpageを見た時は感動しましたね。メロディーはポップでおぼえやすいんだけど、バックの音がハンパない。まさに自分の思っていた札幌のロックバンドでした。メンバーともすぐに仲良くなりましたね。ギンちゃんが活動していないのは凄く残念です。NAKEDも機会あれば、また観てみたいですね。本当にブッチャーズやイースタンから受け継いだものを自分たちなりに消化しているという感じでした」

・あとはDischarming Man。
「東京でも僕たちのイベントに出てくれて嬉しかったです。残念ながらKiwi Rollには間に合わなかったんですが。ディスチャとは共演できました。エビナさんは札幌に行く度に一緒に飲んでくれたりするのでとても光栄です」

・東京での共演といえばdry as dustもいますね
「彼らとはずっと一緒にやってきたという思い出があります。もう何回も対バンしていますし。一緒に函館なども回ったし、また一緒にライブをしたいですね。あと解散しちゃいましたが、THE★米騒動。独特なものを持っていて驚かされました。石田が新しくバンドを始めるようなので、これも楽しみにしています。あとはZarameですね。ゲンドウさんの新しいバンド、これは是非観たいです」

・Cowpersには間に合ったんですか
「いえ、ギリギリにスパイラルコードは観られたんですが」

・さて、今回の札幌はワンマンですね
「ライブのやり方にサイクルっていうのがあって、自分たちの中で対バンやりたい、ワンマンやりたいっていうのがあるんですが、今はワンマンというモードになっていますので、たっぷりと演奏したいと思います」。



cinema staff
We are cinema staff from Gifu.
これまでに、シングル4枚、ミニルバム5枚、アルバム4枚、LIVE DVD1枚の作品をリリース。

オルタナティブ、エモ、ポストロックに影響を受けたセンス溢れるポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギターロックバンド。

そして、「グラマラスボディ」と言うより「グラマラスバデー」と言った方がグラマラスさを損なわず、見え隠れする下心のようなものを軽減させることが出来るんじゃないのか?ということに気付いているけど口にはしない4人組。

耳を切り裂くような轟音なのか?小鳥の囀りのように澄んでいるのか?速いのか?ゆったりなのか?複雑なのか?ストレートなのか?…あれ?お前ひょっとして、泣いてるのか…?

そんな揺さぶりをかけながらもキャッチーな気持ちはいつも胸の中にあるギターロックバンド。

cinema staff 4th FULL ALBUM [blueprint] release tour “land=ocean”
2015年5月23日(土)@DUCE(札幌市中央区南8条西4丁目422 オリエンタルホテルB1F)
open18:00 / start18:30
チケット:adv.¥3,500 / Door.¥4,000(+1Drink ¥500-)
ローソンチケット/チケットぴあ/e+
INFO:Mount Alive[011-211-5600]



NewAlbum「blueprint」
M01. 陸にある海
M02. drama
M03. シャドウ
M04. 竹下通りクラウドサーフ
M05. 地下室の花
M06. compass
M07. exp
M08. 特別な朝
M09. ハトガヤ・ゲットー
M10. the ghost
M11. 孤独のルール
M12. 青写真

発売日:2015年4月22日(水)
本体価格¥2,700+税(税込¥2,916)/ PCCA.04194

2015-05-14 00:00 kobore 3110 permalink