3110 音頭(さいとーおんど)



第21弾☆ 科楽特奏隊

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を

"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


11月に2回目の札幌出動を果たす科楽特奏隊。バンドのリズムの要であるハヤタ森(Dr.)
とロボットなどの製作部門を担当するイッチの谷博士の2人に話を聞いた。

インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA

・まずはロボットを製作した背景を聞かせてください
博士「以前LOSTAGEの五味兄さんやおとぎ話の風間さんが出ていた“ベーシストが弾き語るイベント”があり、そこに大内ライダーも出演していて。ダンボールで作った自作のマッハバロンの気ぐるみを装着しており『これだったら、僕の方がうまくできるんじゃないか』と思って、作ってみたのが始まりです。そのうち大内くんたちが科楽特奏隊という特撮楽曲のカバーバンドを始めると聞いて、道具作りで参加するようになりました」

・そこでイッチバロン登場となるわけですね。最初とはかなりマイナーチェンジしているんですか
博士「以前に比べて身長が高くなっています。他のメンバーとロボットが同じ大きさというのは威厳がないですからね。厚底になっているので、ライブハウスなどの暗い会場では常に足元に気をつけています。移動や輸送の度にどこか壊れてしまうので、そのつど補修しています」

・最近はDJもできるようになりましたね
博士「大阪のイベント『見放題』の仕掛け人からやってみろと言われて、最初は随分バカな事を考えるなぁと思いましたが…実は10年以上前に渋谷でDJをしていた時期があり、久々に挑戦してみましたがうまくいきました。またやってみたいです」

・なるほど、博士の過去のDJスキルを生かしてバロンをチューンアップしたんですね
博士「そうです!そうです!僕の経験を生かしてバロンを改造しました」

・そのうち家事とかも出来るようになるかもしれないですね
博士「そうですね。僕も家事をやっていますから」

・イッチバロンを操縦できるのは資格などあるんですか
博士「今のところは僕しかできませんが。とりあえず普通免許はある方が良いですね」

・いつかはイッチバロンと博士の共演も見たいところですね
博士「はい、それはイッチバロンを正確に操縦する後継者なども育成しなきゃいけないと思うので、いつかはと思っています!」

・科楽特奏隊のメンバーはプライベートでも博士と仲良しなんですか
「はい。ウルトラ関係のイベントを一緒に見に行ったり。家にもかなり遊びに行ってますね」
博士「彼は家に来て、しょっちゅう寝ています。あとはフィギュアで遊んでいたり」
「遊びに行く度に飾っているものが違うんですよ。並びを変えたり、新しい物が入ったりとか。時々、部品なくしたとかで怒られます」
博士「扱いが乱暴なんだよ。大事に扱ってね」

・お2人ともどんな怪獣がお好きなんですか
「僕はでかい怪獣よりも、等身大のものが好きですね。キュラソ星人とか。ガソリンスタンドが襲われるシーンなんて怖かったです。冷徹な怖いヤツが好きです」

・博士はどういうものが
博士「僕はロボットですね。今はかなり手放しちゃったんですが、一時期はキングジョーを集めていました。あとアメコミのキャラクターのがっちりした造形が好きです。ゴリラのキャラクターなど…」

・いわゆるガチムチっていうやつですか
博士「そうですね。まさしくガチムチです!ロボットやメカもすらっとした『スターウォーズ』のC3-POのようなものより、『キングコングの逆襲』のメカニコングみたいなものが好きです。そっかぁ、ガチムチかぁ」

・ウルトラ兄弟では誰が好きなんですか
博士「ゾフィーですね」
「ガチムチじゃないじゃないですか」
博士「や、あのブツブツみたいなもんが機械っぽいのと。あとは役割ですね。管理職なところが好きです。なんか共感持てます」

・さて、11月には札幌でライブがありますが
「4月はとても良いライブが出来て盛り上がったので、今回も楽しみにしています。呼んでくれた方への想いにも応えようと思います。あと、僕は科特隊の他に『ゲスバンド』でもドラムを叩きますので、そちらも宜しくお願いします」
博士「僕は前回に彼と“中年合唱団”を結成してなかなか好評だったようなので、今回は科特隊とは別に『市川正浩とブラックサバス』を結成し、そこでボーカルを担当します」

・最後は科特隊以外の活動宣伝になっちゃいましたね
森、博士「札幌、楽しみにしています!」


科楽特奏隊 Kagaku-Tokusoutai (Science Sound Special Players)
【Vo&Gt】北斗ヒョウリ:タカハシヒョウリ(オワリカラ)
【Bass&Vo】モロボシ・ライダーン:大内ライダー(大森靖子&THEピンクトカレフ, ex.太平洋不知火楽団)
【Gt&Synth】遼秀樹:Ryo Nakamura(The Future Ratio,Pose Musik, ex.throwcurve,)
【Drums】ハヤタ・森:マスダシン(シガレットケース、ex.imamon)
【Synth&Vo】エミソンヌ:おかもとえみ(ボタン工場、ex.THEラブ人間)
 ↓【 & 】イッチの谷博士 (スーパーロボット・イッチバロン)

特撮大国日本発、日本初のダンスフロア対応型特撮リスペクトバンド。
北斗ヒョウリことタカハシヒョウリ、モロボシ・ライダーンこと大内ライダー、遼秀樹ことryo nakamura、ハヤタ・森ことマスダシンというそれぞれのバンドで活躍する特撮好きバンドマンによって2012年に結成され、2013年秋には特撮デザイナー岡本英郎を父に持つエミソンヌこと紅一点おかもとえみが加入、黄金の五人体制に。
さらにライブの際は技術班のイッチの谷博士が操縦するスーパーロボット・イッチバロンをはじめとするメカ、ヒーロー、怪人たちが出現。
ステージを完全に制圧し、特撮の世界にいざなう。
カバー曲中心のバンドとしては異例であるロックフェスへの出演や、特撮音楽家で日本を代表する鍵盤奏者である福田裕彦氏とのコラボなどその活動は趣味の範疇を超え、至って真剣かつ本気。
「特撮を愛し、特撮を奏で、特撮を広める」ことを目的とし、往年の特撮楽曲の素晴らしさを現代に伝えるべく日夜出動する。

2014.11.14(FRI) @札幌 SPIRITUAL LOUNGE
FLASHBACK HEART ATTACK 3 ~in the HERO〜


<出演>
科楽特奏隊
とびだせ!おともだち
最終少女ひかさ

<フード提供>
超電導まぁぶるらんど

open 18:45 / start 19:30
adv.¥2,500 door.¥未定(+1Drink ¥500-)
LAWSON TICKET(L-12388)

問い合わせ:SPIRITUAL LOUNGE 011-221-9199 


【科楽特奏隊のタオルが完成しました!これでキミも科楽特奏隊の一員?だ!笑
これはどういう意味か、勘の良い人は察してくれよな!!】

2014-11-10 00:00 kobore 3110 permalink