3110 音頭(さいとーおんど)



第18弾☆ HINTO

北海道にやってくるアーティストたちの、こぼれるような音楽への情熱を

"こぼれ魂☆"として不定期にアップしていきます!!


7月にセカンドフルアルバム「NERVOUS PARTY」をリリース、11月にワンマンライブを行うHINTO。
北海道出身の菱谷"ビッツ"昌弘に話を聞いた。

インタビュー & 文 : WAKATO MAHOKA

・まずは2年ぶりの札幌ライブが決まりましたね。(前回2012年9月30日)
「はい。地元なんでとても嬉しいです」

・ワンマンライブの会場、SPIRITUAL LOUNGEも思い出深い会場とか
「そうなんです。HINTOの前にやっていたバンドHIGH VOTLAGEのラストライブをやった場所です。だからすごく思い入れがあります。2008年だから、もうそろそろ6年になりますねぇ」

・ラストライブのDVDもリリースされていましたね
「あれは、僕が梱包とか発送もしたんですよ(笑)。その時はメーカーとか事務所もないんで、自分でやるしかなかったので」

・出身は栗山町でしたよね
「そうです。高校卒業までですね。すごく美味しいラーメン屋さんがあるんですよ。大鵬といってよく行ってました。その後、札幌でHIGH VOLTAGEを組んでメンバー全員で上京しました」

・バンド解散後って、北海道に戻ろうとかって考えたりはしなかったんですか。
「実家の辺りの風景ってとても好きだし、北海道は良い場所なんですが、なんかこのまま帰っちゃうのは悔しいなと思って東京に残りました。で、BUGY CRAXONEやアナログフィッシュ、モーサムトーンベンダーのサポートドラムをやっていました」

・で、今はHINTOにいるわけですが、九州・福岡出身者の中に北海道人1人いう環境はどうですか
「HIGH VOLTAGEで九州に何度か行った事があるし、九州出身の仲が良いバンドも何組かいましたし。なんか北海道の人間と九州の人間って気が合うような感じがするんですよね。良い感じで首都圏から離れているからですかね」

・HINTOに入ってドラムプレイに変わったところってありますか
「今までやっていたものとは違ってファンキーなリズムですよね。自分でもリスナーとしてはJBとかファンク系の音楽を聴いていたので、叩くのはとても楽しくて気持ちが良いです」

・菱谷さんの最近凝っているものってありますか
「スト4とかネットの対戦ゲームがすごく好きですね。〝どうやったら勝てるだろう〟とか研究しています。負けたらすごく悔しいです。あとは動物かなぁ。アルパカがとても好きなんですよ。恵庭市のえこりん村まで観に行きました!」

・さて、11月ワンマンへの豊富を
「札幌時代の友達や知り合いとかみんなに観に来てほしいですね。実家が北海道なのになかなかバンドでは帰って来れないので、今後はもっと札幌でライブができるようになりたいです。で、来年はライジング。出てみたいですね」。

HINTO
Vocal/Guitar:安部コウセイ
Guitar:伊東真一
Bass:安部光広
Drums:菱谷”ビッツ”昌弘

2010年元SPARTA LOCALSの安部コウセイを中心に結成。
2012年12月30日の渋谷CLUB QUATTROのライブを最後にレギュラーサポートベーシストの林束紗が腱鞘炎治療の為卒業。
2013年1月に安部コウセイの実弟で元SPARTA LOCALSの安部光広を迎え現体制に。
2014年7月23日に2年振りとなる2ndフルアルバム「NERVOUS PARTY」をリリース。

”NERVOUS PARTY” release ONE-MAN TOUR
「清楚なふりしてアメージング」追加公演

2014年11月9日(日)@ 札幌 SPIRITUAL LOUNGE
open 17:30/start 18:00
adv.¥3,600/door.¥4,000(+1drink ¥500-)
LAWSON TICKET(L-11770)
act: HINTO
Info:SPIRITUAL LOUNGE(tel:011-221-9199)


2nd full album 「NERVOUS PARTY」
release date 2014.7.23
¥2,500+(税) BXWY-004
01.かなしみアップデイト
02.アットホームダンサー
03.アイノアト
04.テーブル
05.マジックタイム
06.シーズナル
07.エネミー
08.ウォーターランド
09.はんぶんゾンビ
10.ハートレスダンシング・ドゥ

2014-10-21 00:00 kobore 3110 permalink